読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままにシズオさんブログ。

ブログをはじめてみた!気ままに日常のことでも書いてくよ。

Evernoteのノート共有機能が仕事で役に立った話し

 

f:id:heiwazimalove:20160806223403j:plain

はじめに

 自分はEvernote歴約5年の者です。プライベートから仕事までEvernoteを"個人"で活用しているわけなんだが、つい最近仕事で役に立ったのでその話しでも。Evernoteを知ってるひと前提に書くので知らなかったからごめんなさい。Evernoteについてはまた後日別で記事書きます。それか自分でググって笑

 

 

経緯

自分は期間限定で、今の職場ではなく別の職場で働いてのだが、どうやら自分のあとに別の社員が入れ替わりで配属されるらしい…そこで上司から仕事に関することを新しく来る人に伝達しといて!と言われたのだが、どうしたものか。口頭で言うにしてもそんなすぐ会えるわけでもないし、無難なメールも少し面倒。ましてやLINEで直接送るにも文章量が膨大になってしまうためちょっときつい。さてどうしたものか…と考えていたところ、そういえばEvernoteには「ノート」共有機能が備わっていたな!ということを思い出した。

Evernoteで 資料作成

ちなみに、今回の移動先での出来事や仕事内容というのは自分のEvernoteのノートに毎日記録していたわけで…。だからそれを直接送るのもありかなと思ったが、

 

さすがに 自分の仕事用ノートはちょっと他人にとってはどうでもいい情報も多いわけでして…それを直接共有するのはよくないなーと。てことで、仕事内容伝達用として要約したノートを作ることにしました!

 

 帰りの通勤電車内でスマートフォンを起動しEvernoteで書き綴ること3日後、伝達用の資料ノートは無事に完成!スマートフォンで編集したものが家に帰ってPC でも続きから編集できるという、この同期機能はほんとうに素晴らしい。

 

 印刷プレビューで確認したところ、A4レポート用紙6-7枚ほどのボリュームになりました。

 

送った相手からの評価

「感動した!」と感謝の言葉がきました。上司から言われたとはいえ、別に業務命令というわけでもなかったんでボランティアでやっただけなんですがふつうに嬉しかったですね。この送った資料+分からないことをLINEで少し質問という形で仕事の引き継ぎは無事に完了しました。

 

ノートの共有のやり方

一応画像付きで載せておきます。ノートを開いて、

「共有」をクリックし、「共有URLをコピー(U)」を選択するだけ。

あとは、共有したい相手に対して、そのコピーしたURLをSkypeなりLINEなり、メールで送って、その相手にリンクを開いてもらうだけ。

f:id:heiwazimalove:20160806224420p:plain

 

最後に

Evernoteのノートの共有は、そのノートのリンクを相手に教えてあげるだけで閲覧可能なのでとても便利です。Evernoteユーザーはぜひとも活用してみることをオススメします。

 

evernote.com